正月に雪の積もった埠頭で遊ぶ犬

雪の上を歩く犬。
元日の今日は、新中央埠頭へ散歩に出かけた。
冬の新中央埠頭は、海に突き出た雪原。
一面白く雪におおわれて、しかもノートラック。
小鳥の足跡ひとつない。
まるでリリーの独壇場。

積雪深はヒトの足の踝から15センチほど上。
それでもリリーは、雪原を走り回る。
雪原の向こうは海。
視界をさえぎるものも無く、ずうっと見渡せる。
これは、リリーにとって、ちょっとした自由感。
視界が解放されて心地よいのか、時々、じっと海を見つめている。
そしてまた走り回る。
つかの間の自由。
年頭に、埠頭で犬一頭。

雪原の向こうは海。
青森市内に雪が降り積もってからは、家の近所ばかりの散歩だった。
それが心機一転。
いきなりの大雪原。
のような新中央埠頭。
身も心も躍動するじゃないか、とでも言っているようにはしゃぎまわる。
そして疲れて座り込む。
リリーは、今年の5月で9歳になる。
もう若くは無いのか。
まだ若いのか。

若く無くても、若くても、一瞬一瞬を楽しむことに夢中だ。
雪の積もった埠頭を走り回るリリー。

雪原に犬と婦人。

雪の上で小休止。

新年の始まりを意識しているのか、いないのか。

リードと遊ぶ犬。

雪原を走る犬。

歩く。

また走る。

疲れて、前足(手)のお手入れ。

スポンサーリンク