嗅ぎまわりながらうろつくことが犬の散歩

2016/07/21

散歩

平和公園の噴水。
今日は曇りだったが、夕方ごろには晴れた。
最高気温は25度ぐらいまで上昇。
暑がりの犬にとって、25度はつらい温度だ。
リリーの散歩コースのひとつとなっている平和公園には、大きな噴水がある。
そのおかげで、噴水の回りはいくぶん涼しい。

だが、そこに辿り着くためには、熱せられたアスファルトの上を歩かなければならない。
リリーのお腹とアスファルトとの離れは、わずか30センチぐらい。
夕方になったとはいえ、道路は余熱でホカホカ状態。
リリーが公園で涼むためには、500メートルほどの距離を、ホカホカ熱を浴びながら歩かなければならない。

こういうのを「不条理」と言うのだろうか。
まさに、不条理。
「不条理とは高度の滑稽である。」と言った方がいらっしゃったが、はてどなただったか。
リリーでないことは確かだ。
リリーは必死なのだ。
そんな冗談を言っている余裕は、犬には無い。

時速7キロぐらいのスピードで、ドタドタと平和公園を目指すリリー。
そして到着。
そよ風の噴水とケヤキの木陰。
リリーは夕焼けに赤く染まりながら、噴水の回りを散歩する。
このリリーの毛を染めた赤は、一日の余韻である。
散歩とは、「何か」の余韻に浸ることなのだ。
と考えるのはヒトだけで、犬にはそんな余韻は無い。

その「何か」とは何なのか。
犬は、それを確認しなければならない。
犬にとっては、すべての存在は匂いなのだ。
匂わないものは、この世に存在しないもの。
それが、犬にとっての「条理」。
だから犬は、その「何か」を嗅ぎまわる。
犬にとって散歩とは、嗅ぎまわることなのさ。
リリーは、公園のいろいろな場所を嗅ぎまわりながら、そう主張している。

噴水を照らす夕陽。

夕焼けに赤く染まる犬。

犬の散歩に夕闇が落ちてくる。

スポンサーリンク