睡魔におそわれる犬

退屈なリリー。
雨の日は、散歩は無いし、家の前の駐車場では遊べないし、家の中でいたずらしても誰にも相手にされないし、で、たいくつを通り越して眠くなってしまったリリー。

リリーの強敵は、いまのところ、空腹では無くて睡魔らしい。

あれよあれよという間に、眠ってしまう。

リリー自身も抗い難いというのがよくわかる。

半目を開けていても、体が動かない。

薬でももられたみたいに動かない。

名前を呼んでも、軽くゆすっても、応答無し。

それ以上の、たとえば、叩くとか強く揺さぶるとか、大声で「リリー起きろ!」とか、そんなことは試したことはない。
家の者も、やれやれなのだから。

居間に平穏が訪れる。
ゆっくりテレビが見れる。
ゆっくり食事ができる。

隣近所にも平穏が訪れる。
リリーのうるさい吠え声もなく、それを叱る怒鳴り声もない。
眠くなったリリー。
犬はどんな夢を見るのだろうか、リリーは時々寝言を言う。
それが、「ワンワン」よりもヒトのうなり声に近い。
しばらくうなってから、突然、のそっと起きて寝場所を替える。
あくびとも、ため息とも、寝息とも言えない音が、リリーの口からもれる。

睡魔が水のようにゆっくりと、リリーの体に滲みていく。
リリーは眠りの底なし沼に潜水下降する静かな獣だ。
飼い犬のリリーが眠るとき、潜水下降する静かな獣が目を開ける。
決して浮上しない水面を眺めているのだ。
完璧に眠ってしまった。

スポンサーリンク