リンゴが好きな犬


大好きな食べ物のひとつがリンゴ。

四分割の大きさに切って食べさせると、シャリシャリシャリと実に美味しそうな音をたてて食べる。

リリーがリンゴを食べていると、こっちまで食べたくなってしまう。
 
今月の11日で、満6ヶ月になるのだが、歯はすっかり生え変わったようだ。

甘いモノを与え過ぎて、虫歯で歯が抜けてしまったパピヨンを連れたおばさんと公園で遇ったことがあるが、リンゴを食べさせている限り、リリーの歯は大丈夫だろう。

リンゴを食べること自体が、歯磨き効果になるということだから。

でもリンゴは高価な果物で、お財布が虫歯になりそう・・・・・・・・

知り合いが風邪をこじらせたようで、ひどい声になっている。
犬も風邪をひくと、哭き声が変わるのだろうか。
ま、リンゴを食べていれば大丈夫かな。

リンゴは、農薬が気になるので、皮を剥いて食べさせている。
皮と実の間が、いちばん栄養のある部分らしいが、惜しげも無く捨ててしまう。

あの心地よいシャリシャリ音が、リリー自身のストレス発散になっていると思うから、それだけで良いのである。

・・・・・・とここまで書いたら大粒の雨。
唐突ですが、海にも雨はふるんだろうなあ。
 も、も、もちろんさ。
それが大雨だったら、辺り一面水だらけだね。
天地をひっくり返したような土砂降りだったら・・・・・・・・
 雨に溺れるだろ。
ところで、リンゴを地球儀にたとえたら、赤いところはみんな海だね。
 知るかよ、そんなこと!

スポンサーリンク