犬の風邪

A cold of the dog


    I feel that my body is heavy

A cough


散歩の途中、リードを引っ張るために首輪で首が絞まる状態になると、ゲッゲッとモノを吐くような症状が、4日程前からちょくちょく出ていた。

以前も、首輪で強く喉が絞まる状態になると出た事があったが、今ほどはひどくは無い。

様子を見てると、喉の奥に何か引っ掛かるものがあって、それを吐き出そうとしているような具合だ。
吐き出そうとしているが「空吐き」の状態で、お腹の中のものはもどしていない。

どちらかというと幾分元気はないかなという感じはあったが、病気でぐったりしているという状態では無かった。
食欲もあって、ゴハンはいつも通り食べている。
食べた後の嘔吐でも、食べたものは出さずに「空吐き」状態。
時間の経過とともに、どんどん「空吐き」がひどくなってゲッゲッに伴って、濃いヨダレのようなものを吐き出すようになった。

魚のトゲをちゃんととらずに、ドックフードに混ぜて食べさせたことがあったから喉にトゲが刺さってしまったのかも知れない、と思って獣医さんとこへ連れていったら、「風邪」ということだった。
ゲッゲッは「吐き」では無く「咳き」だということ。
「気管支炎を併発した風邪」という診断。
注射をされて、5日分の薬をもらって帰って来た。

それがおとといのことだから、今日はいくらか回復したのかゲホゲホの咳も少ない。
ときどき写真のようにグデッとするが、それはいつものことで、スキを見て台所の手ぬぐいをイタズラしたりして、元気さはほぼ変わらない。
咳も、最初の吐くようなゲッゲッからゲホツゲホッと、だんだん咳らしい音になってきた。

いやあ、風邪をひいた犬ってのを生まれて初めて間近に見さしてもらいましたワ。
犬も風邪をひくと咳をするんだねぇ。
ちなみに獣医さんによると、喉にトゲが刺さっていれば、ワンちゃんはほとんどものを食べられないらしい。
風邪をひいていても食欲があるから、リリーは元気なんだろねぇ。
まずいものなら食わないけれど、美味しいものなら、なんぼでも食うからねぇ。
喉にトゲが刺さっても、リリーなら美味しい魚を食べるかもしれん。
体は弱くても、欲が強いんだろうか。


なに言うてますのん、この猿は。


こら、アホ猿。


ま、猿だからしょうがないわね。

スポンサーリンク