残雪の山で楽しそうに遊ぶ犬

残雪の山が楽しくて笑顔の犬。

リリーは、残雪の山で遊ぶ時がいちばん楽しそうである。
顔の表情にそれが出ている。
口角が上がって、目を細める。
リリーの気分最高!という笑顔。

多くの犬のなかでも、リリーは顔の表情が豊かな犬だと思う。
そのときどきの気分で、いろいろな顔つきをする。
だがヒトは、その表情の全てを読み取ってはいない。
犬も別に、子細な感情の変化をヒトに伝えようとは思っていないだろう。

でもリリーは、山へ来てうれしいときは、目いっぱいうれしい顔になる。
まるで、自身の気分の高揚を、目いっぱいヒトに伝えようとしているみたいである。

こういうとき私は、犬との一体感を受け止めている。
犬が楽しいとき、私も楽しい。
私が楽しいとき、犬も楽しい。
犬とヒトとの最良の関係。
その関係を支えているのが、山と言う自然。

自然の中で、ヒトの気持ちと犬の気持ちがひとつになる。
それが良くて、残雪の山へリリーを連れてくるのだ。

残雪の感触を踏みしめて歩く。
今年の山は積雪が少ない。
ゴールデンウィークまでもつかどうかと言われていたが、なんとかもったようだ。
それで、リリーが楽しみにしている残雪の山遊びも実現できた。
今月の11日で、リリーは9歳になる。
生まれて初めての残雪では、無我夢中で遊びまわっていた子犬も、今ではだいぶ落ち着いて遊ぶようになった。
はしゃぐときははしゃぐが、ゆったりと山を楽しんでいる様子。

もう9歳。
あと何年かしたら、リリーは山では遊べない年齢に達する。
老犬の体力に限界がくる。
そのときまで、遊べるうちは精一杯遊ばせたい。

残雪の山で楽しそうに遊ぶ犬。
それを眺めるのが、犬と一緒に暮らしている私の楽しみだ。

笑顔で休憩。
遠くを見入る犬の脳裏には、何が思い浮かんでいるのだろう。
遊び疲れてお腹がすいて、おねだりモード。
放心したような表情で休憩。
元気が復活。
えっ、もう帰るの?という顔。

スポンサーリンク