遠くを眺める犬

山頂付近で遠くを見る犬。
一般に、犬の視力は弱いと言われています。

犬は近眼が多いとも。

犬種によって、違いはあるようです。

ゴールデンレトリバーは遠視傾向であると言われています。

ゴールデンレトリバーとグレートピレネーズのミックス犬であるリリーも、遠視傾向であるかも知れません。

山にいる時は、遠くを眺めるていることが多いからです。
何が見えているのかは、私にはわかりません。

どこを眺めていても、表情は変わりません。
遠くを見ているような格好が、姿勢的に楽なのかも知れないな、と思うこともあります。

犬は、動体視力が優れていると言われています。
山で遠くを見ながら、何かが動くのを待っているのかも知れません。

街での生活は、犬の視界を遮るものばかりです。

山では、水平方向にも垂直方向にも視界が開けています。
たまに山に来ると、犬も晴れ晴れとした気分になることでしょう。

特に高い所から遠くを眺めることは、街で暮らす飼犬にとっては新鮮な感覚であると思います。

犬の新鮮な感覚とは、どこからくるのでしょうか。

年月を経た遠い記憶と、日々繰り返される記憶を反芻しながら、新たなイメージを作っているのかもしれません。
そのイメージは、遠くからリリーの脳裏にやってくるのです。

リリーは遠くを眺めながら、そのイメージの出現を待っているのです。

日常とはかけ離れた新鮮な感覚のイメージ。

それを遠望するのに、見晴らしのきく残雪の山は絶好の環境なのです。

山頂の急斜面の雪の縁から下を見下ろす犬。
森の中で、山を眺める犬。

スポンサーリンク